スクリーンショット 2015-11-17 15.10.58
849 Views

「マイナンバーがやってくる!」


こんにちは。温泉好きの廣田です!
最近、農業関係の仕事で道東へ行く機会が増えました。

私にとって道東はとても大好きな場所なので、仕事とは全く思えません。

なぜなら道東には魅力的な温泉がいっぱいあるからなんです。

今回、別海町尾岱沼にある「野付温泉浜の湯」を訪れました。

スクリーンショット 2015-11-17 15.00.01

ここの温泉、内湯と露天風呂があり、それぞれに熱い湯と冷たい湯が用意されています。

交互に入れば新陳代謝が活発になり、とても温まります。

スクリーンショット 2015-11-17 15.00.17

以前はよく、ここの温泉に浸かった後、近くの道の駅おだいとうで車中泊をしました。

別海町には、酪農の町といったイメージを持ってましたが、この町には港もあり、さらに素晴らしい温泉もあります。

なんと奥が深い町なんだろうとつくづく思うとともに、すっかりファンになってしまいました。

すみません。温泉の話が長くなってしましましたね。

 

本題に入りましょう。

今回は、マイナンバーについてちょっとだけ説明します。

マイナンバー制度の開始まであと2か月になりました。

2015年10月よりマイナンバーを記した「通知カード」が簡易書留で送付されてきます。

この簡易書留の中身は次の通り。

 ①マイナンバーの「通知カード」

②「個人番号カード」の申請書と返信用封筒

③マイナンバーについての説明書類

「個人番号カード」は希望者に対して交付されます。

申請書に署名または記名押印し、顔写真を貼り、さらに返信用封筒に入れて郵送すれば、後日受取が可能となります。

※オンライン申請も可能

初回の個人番号カードの発行手数料は無料。そして、20歳以上の者の有効期限は10年間となっています。

まずは、送付される「通知カード」を受け取り、マイナンバーについての説明書類にしっかり目を通しましょう。

 

投稿者について

廣田 陸奥夫

廣田 陸奥夫

url:
北海道札幌市出身。昭和43年生まれ。廣田陸奥夫税理士事務所所長。 札幌市内の大手税理士事務所で10数年間にわたり勤務する。その間、税理士資格を取得し、主に上場企業を担当。高度な税務申告、税務相談、税務調査を経験する。多額な法人税額や消費税額の計算、約一ヶ月にもわたる国税局の調査の立会いなど、大変貴重な経験をさせていただくとともに、今でも思い出すと胃が痛くなる。 その後、独立し5年が経過。お客様からの紹介や知人の紹介などにより、現在の関与先数は法人30件程度、個人事業主20件程度と着実に関与先を伸ばしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です