ELL88_ga-denretasutopaseri20140512090628500
1018 Views

循環型農業について考える


※注意 人によってはお見苦しいと思われる内容を含みます。

 

まずは循環型農業とは何か?

循環型農業とは、家畜のフンを堆肥に加工し、堆肥で野菜や穀物を育て、野菜屑や穀物を再び家畜の飼料にする・・・こうした有機資源の 「循環型システム」を作り、農業全体を関連付けて好循環を作り出すことです。

出典JAうごの循環型農

 

そして、前記事のアクアポニックスは循環型農業に当てはまるのだが、魚の糞を養分として育てた野菜に抵抗を感じる人は多いようだ。前記事リンク

しかし、牛や豚や鶏の糞はどうだろうか?堆肥化され普通に使われているし、ホームセンターに行けば山ほど売られている。同じ糞なのになぜか?アクアポニックスは糞が吸収されている様がリアルだからだろう。牛の糞を未加工で畑に撒かれていたとしたらそれは嫌だ。堆肥化されている事が重要である。

では人間の糞はどうだ。人間の糞を堆肥化し作物を育てる事が本来あるべき循環型農業の理想形と言えるのではないか。

taihika

一昔前までの日本では人糞を肥料として使う事は当たり前だったそうだが伝染病や寄生虫などのリスクが高く、さらにその当時日本にやってきた外国人に不潔だと言われ人糞農法は衰退、変わって化学肥料が使われるようになった。化学肥料のおかげで野菜の生食が可能になり、衛生的で、肥溜めがなくなり匂いが消えた。しかし、人間の糞尿処理に膨大な金とエネルギーが使われるようになった。化学肥料を使うリスクが一般消費者にも浸透しオーガニックを求める人が増え続けている今、もう一度、人糞堆肥化について考えてみてはいかがだろう。
人糞堆肥と言えばイメージは悪いかもしれないが、しっかり発酵させ完熟した糞は糞ではなく良質な堆肥となる。リスクであった伝染病や寄生虫は未加工の糞を撒いていたのが主な原因で、堆肥化の処理を正しく行えば発酵する際に発生する熱で菌類や寄生虫のほとんどが死滅する。

人間の糞が堆肥化され売り出され、健康な人間の糞そのものが高値で取引されるようになれば、良い糞を出すため健康的な食事をする人が増え生活が豊かになるだろう。アイドルの糞で育てた野菜がブランド化されバカ売れしたら面白い。

さらに言うと収穫量が上がると言われる人糞農法は世界の食糧難を救うかもしれない。

糞の秘めたる可能性を今後も追求していきたいと思う。

 

糞糞糞と大変失礼致しました。

投稿者について

今 真弓

今 真弓

url: http://ksk.hokkaido.jp
趣味はカメラ、ゲーム。好きな食べ物はアスパラと海老と肉。文章を書く事は苦手。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です