957 Views

バターから見える日本の未来とは

全国的にバターが不足していて、洋菓子メーカーや商社がバターの調達で走り回っている。バターの不足はいくつかの要因が複合的に絡み合って起きている。ほとんどの洋菓子メーカーはオランダ、ニュージーランド、アメ … 続きを読む バターから見える日本の未来とは

投稿者について

大沼 康介

大沼 康介

url: http://asa.hokkaido.jphttp://ksk.hokkaido.jp
北海道札幌市生まれ(1969年)石狩市在住。農業をサポートする仕事に携わって10年、知れば知るほど農業界の奥深さを実感。 多くの起業家が生まれる土壌を北海道に作りたい。 北海道の開拓魂が日本を変える力になると信じて、起業と新産業の創出を後押ししていきたい。 新規事業のサーバーとしての役割を発揮できるよう、自分自身も起業家精神を忘れることなく邁進していきます!

1531 Views

札幌孤島論Ⅱ外国産が闊歩する食の世界

前稿に続いて「札幌孤島論」第2弾を展開したい。今回論じたいのは、大消費地・札幌の摩訶不思議な「食の世界」。 札幌市を称して古くから〝リトルトーキョー〟とか〝支店経済のマチ〟とかいわれている。札幌の顔た … 続きを読む 札幌孤島論Ⅱ外国産が闊歩する食の世界

投稿者について

山田 勝芳

山田 勝芳

url: http://ihatov.bizhttp://monthlyism.web.fc2.com
留萌市生まれ(1952年)の札幌育ち。地元出版業界にどっかり根を下ろすこと40年。外に対しては「本州資本に対抗する視点、脱・植民地の視点」、内に対しては「真に豊かな北海道共同体づくり」という理念の下、実体験に基づく北海道論を展開。現在、月刊ISMとイーハトーヴを主宰。

1190 Views

農協(JA)改革は消費者保護?

JAとは全国農業協同組合中央会(通称、JA全中)を頂点とする農協グループの総称で、1992年に農協のシンボル・マークとして使われるようになった。一般的に農協とJAは同義語として使われているが、農協がJ … 続きを読む 農協(JA)改革は消費者保護?

投稿者について

大沼 康介

大沼 康介

url: http://asa.hokkaido.jphttp://ksk.hokkaido.jp
北海道札幌市生まれ(1969年)石狩市在住。農業をサポートする仕事に携わって10年、知れば知るほど農業界の奥深さを実感。 多くの起業家が生まれる土壌を北海道に作りたい。 北海道の開拓魂が日本を変える力になると信じて、起業と新産業の創出を後押ししていきたい。 新規事業のサーバーとしての役割を発揮できるよう、自分自身も起業家精神を忘れることなく邁進していきます!

735 Views

なぜ、あなたは変化を怖がるのでしょうか?

農業のあり方に不平不満を言いながら、いまの環境や取り組みを変えようとしない農家が世の大半だと思うが、現状のままで一体何が変わるというのでしょうか?もしかすると、行政や政府に不平不満のはけ口を求めれば、 … 続きを読む なぜ、あなたは変化を怖がるのでしょうか?

投稿者について

大沼 康介

大沼 康介

url: http://asa.hokkaido.jphttp://ksk.hokkaido.jp
北海道札幌市生まれ(1969年)石狩市在住。農業をサポートする仕事に携わって10年、知れば知るほど農業界の奥深さを実感。 多くの起業家が生まれる土壌を北海道に作りたい。 北海道の開拓魂が日本を変える力になると信じて、起業と新産業の創出を後押ししていきたい。 新規事業のサーバーとしての役割を発揮できるよう、自分自身も起業家精神を忘れることなく邁進していきます!

738 Views

農業に選択の自由はありますか?

  政府による農協改革が急速に進む中、たとえJA系統団体が農家を置き去りにして保身に走ったとしても仕方がないかもしれません。しかし、置き去りにされた農家は、いままでの農業を続けるか、離農するかの二者択 … 続きを読む 農業に選択の自由はありますか?

投稿者について

大沼 康介

大沼 康介

url: http://asa.hokkaido.jphttp://ksk.hokkaido.jp
北海道札幌市生まれ(1969年)石狩市在住。農業をサポートする仕事に携わって10年、知れば知るほど農業界の奥深さを実感。 多くの起業家が生まれる土壌を北海道に作りたい。 北海道の開拓魂が日本を変える力になると信じて、起業と新産業の創出を後押ししていきたい。 新規事業のサーバーとしての役割を発揮できるよう、自分自身も起業家精神を忘れることなく邁進していきます!

2425 Views

農産物規格は不条理なり

地方に行くと、道の駅や農家の敷地内に野菜などの直売所を見かける。新鮮!安い!つい買ってしまう筆者の買い癖。ここでは規格も規格外も区別なく、堂々と売られている。ひと山、ひと袋いくらと値段がつけられて上手 … 続きを読む 農産物規格は不条理なり

投稿者について

山田 勝芳

山田 勝芳

url: http://ihatov.bizhttp://monthlyism.web.fc2.com
留萌市生まれ(1952年)の札幌育ち。地元出版業界にどっかり根を下ろすこと40年。外に対しては「本州資本に対抗する視点、脱・植民地の視点」、内に対しては「真に豊かな北海道共同体づくり」という理念の下、実体験に基づく北海道論を展開。現在、月刊ISMとイーハトーヴを主宰。

4495 Views

規格品と規格外品って?

そもそも家庭菜園で作った野菜に規格など存在しない。自分で手間をかけて作った野菜だから、どんなに形が歪だろうが色が悪かろうが、誰もが美味しい美味しいと食べるだろう。しかし、スーパーで買う野菜となると、途 … 続きを読む 規格品と規格外品って?

投稿者について

大沼 康介

大沼 康介

url: http://asa.hokkaido.jphttp://ksk.hokkaido.jp
北海道札幌市生まれ(1969年)石狩市在住。農業をサポートする仕事に携わって10年、知れば知るほど農業界の奥深さを実感。 多くの起業家が生まれる土壌を北海道に作りたい。 北海道の開拓魂が日本を変える力になると信じて、起業と新産業の創出を後押ししていきたい。 新規事業のサーバーとしての役割を発揮できるよう、自分自身も起業家精神を忘れることなく邁進していきます!